1. めっき加工・めっき関連技術開発のニシハラ理工
  2. 採用情報
  3. 先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

message

ニシハラ理工で働く先輩社員の声を紹介します!

武蔵村山工場・生産1課・下田

 めっき装置の操作が私の仕事です。元々ものづくりに興味があり、生産課で働くことは自分に合っていてとても充実しています。現場ではみんながフレンドリーで気軽に会話ができており、職場環境にはとても満足しております。また工場というと汚れが気になるところですが、工場内は清潔でそれぞれが整理整頓を心掛けているのでとても働きやすいと思います。

仕事の中には繊細な作業もあり、材料や材質によってクセが変わり、扱いが難しいことがあります。まずは自分で試行錯誤をして不良が出ないように努めますが、どうしても解決できないときは上司に相談するようにしています。

 私が今取り組んでいることは不良の削減と新人教育の工夫です。製品に対して責任を持つのは当然ですが、技術や知識をしっかりと伝えていくことにも責任を持って取り組んでいきたいです。入社直後の私はミスを恐れて仕事への自信もなく、社会常識もわかりませんでした。そんな私に先輩たちは優しく丁寧に指導してくれました。私が先輩にしてもらったことを今度は後輩にすることで自分自身の成長にもなっています。

 このように「ものづくり」の会社でありながら「人づくり」の環境が整っていることがニシハラ理工の強みの一つだと思います。私が伝えていきたいことは「失敗を恐れない」ことです。どんなことでもチャレンジしていくことがレベルアップの近道だと信じています。会社選びをしている就活生には、声を大にしてお勧めできる会社(職場)であり、皆さんと一緒に仕事を出来る事が楽しみです。

武蔵村山工場 生産1課 下田

 

 製品検査、出荷準備、データ入力など重要な業務を任されており、ミクロン単位のめっきの厚さを、集中力を持って測定する検査に毎日奮闘しています。

品質管理課はお客様に良い製品をお届けする最後の砦です。私たちの役目は重大で、責任感を持って検査に当たり、関係部署と連携をとって仕事に取り組んでいます。

仕事で一番大変なことは出荷直前のトラブルです。自分で解決できることもありますが、難しい時は課長に相談します。そういったトラブルを自分たちで解決し、良い製品をお届けすることにやりがいを感じています。

入社のきっかけは学校の先生に勧められたことです。会社見学では様々な部署があることがわかり、その専門的な仕事内容に期待が膨らみました。入社してみると和気藹々としていて、新人の女性でも働きやすい楽しい職場で、挨拶からコミュニケーションが始まるということを改めて実感しました。

先輩たちから教わったことを後輩に教える時に気づくこと、思い出すこと、学ぶことは多々あります。失敗から学ぶことも多く、失敗を乗り越えることで自信も生まれます。私は「成せば成る」の精神でどんなことにも挑み続けていきたいと思います。そして、未来に継続し続ける毎年の後輩の入社が楽しみです。

狭山工場 品質管理課  加賀谷

お問い合わせ

CONTACT

-採用のお問い合わせはこちら-

042-560-4011

受付/平日9:00〜17:30